西安発着、シルクロードの第一大仏-彬県大仏寺石窟日帰りプライベートツアー(シリーズ3)



西安発、「西安シルクロード世界文化遺産を巡り格安充実の日帰りプライベートツアー(シリーズ)

                                                                                                                                      • -

2014年6月22日にシルクロード世界文化遺産に登録されたことにより、シルクロードの起点としても西安世界文化遺産は1カ所から8カ所に増え、西安の漢長安城跡(未央宮遺跡)、唐長安城跡(大明宮含元殿遺跡)、大雁塔(慈恩寺)、小雁塔(薦福寺)、興教寺、張騫墓、彬県大仏石窟の7カ所が世界文化遺産に登録されました。現在入場料を徴収している場所では、世界遺産登録を名目にした入場料値上げはしないということに対応して、弊社が西安発着、「西安シルクロード世界文化遺産を巡り格安充実の日帰りプライベートツアー(シリーズ)の催行させて頂きます、お得なので是非お楽しみください。

知らない人と乗り合い混載車ではなく、専用車と専属日本語ガイドがご案内します、お一人様よりツアー催行いたします!
御自分のペースで気兼ねなく、シルクロード世界遺産じっくり鑑賞をご満喫頂けます。

                                                                                                                                      • -

西安発着、中国版新幹線(高速鉄道)利用、シルクロードの第一関所-函谷関日帰りプライベートツアー(シリーズ4)
西安発着、シルクロードの第一大仏-彬県大仏寺石窟日帰りプライベートツアー(シリーズ3)
西安発着、シルクロードを開いた張騫の生れ故郷を訪れ、張騫の墓参り、張騫の末裔に会える日帰りプライベートツアー(シリーズ2)
西安発着、「西安・シルクロード」世界文化遺産を巡り格安充実の日帰りプライベートツアー(シリーズ1)


Ⅰ日程


朝7:00、西安市内のお泊りホテルロビーで、弊社の日本語ガイドがお名前を書いたステッカーを持ちましてお迎えします、専属日本語ガイド付きご専用車にて彬県へ(2時間強)。シルクロードの要所にあり、シルクロードを行く人たちの目印になっていたので、2014年にシルクロード世界文化遺産に登録された彬県大仏石窟をご案内します。昼食後、専用車で西安へ移動します(ホテル14:00過ぎ頃に到着予定です)。

  • 記載の日程以外をご希望の場合も、対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。



Ⅱツアーポイント





P1.彬県大仏寺石窟:

渭河黄河最大の支流で、西安渭河を隔てて向き合う咸陽はシルクロードで最初の宿場となる。その咸陽市彬県の西部にある清涼山の麓に、シルクロード沿いの重要な景観があり、彬県の大仏寺石窟です。毎年旧暦3月8日の縁日はにぎわう。大仏寺は唐の太宗・李世民が彼の指揮した彬州浅水?の戦いで戦死した将兵を弔うために建立したと伝えられる。石窟は南は清涼山の絶壁に沿ってあり、中でも高さ24の大仏(頭高5.2メートル、手高4.5メートル、指高2メートル)は陝西省でも最大の仏像で、628年に完成し、シルクロードを行く人たちの目印になった。この大仏が見えたら長安はすぐそこだと旅人は知ったのだ。現在は大仏の外に4階建ての寺が建てられており、寺に入らなければ大仏全体の姿を見ることはできない。大仏寺はもともとは応福寺といい、北宋(960~1127年)の仁宗が母の長寿の祝いを行った際に慶寿寺と改称した。大仏がとても大きいので、明代旅人を迎えた大仏(1368~1644年)以降は大仏寺とされた。当時のシルクロード古道は山の麓を渭河と?水に沿って伸びており、シルクロード陝西省北道のメーンの道となっていた。歴史上たびたび起こった仏教弾圧による破壊や風雨の侵食によって、彬県大仏寺石窟の仏像のうち完全な形で姿を留めているものは多くない。大仏の顔も、1924年に外国人が撮影した写真をもとに復元されたものだ。しかし、石窟の千仏洞内には極めて保存状態の良い弥勒菩薩像1体が残されている。現在の中国各地の寺に見られる ...
















P2.渭水・河(旅の車窓から):

渭水(河)は西安市の北を流れている、渭水に望む渭城は都を離れる旅人を見送る地として著名。渭水甘粛省渭源県の西にある烏鼠同穴山を源流とする。陝西省咸陽市の南、西安市の北を流れて黄河中流の潼関で合流。全長818km。流域の盆地は渭河平原(関中)と呼ばれる。現代中国では「渭水」よりも「渭河」(いが、拼音: Wèi hé)という呼び方が普通である。支流に白居易が元稹と別れた灃水(ほうすい、灃河)などがある。関中の地には古来、多くの王朝がここに都を定めた。それに伴い、渭水は交通運輸に使用され、特に唐代には東都洛陽との活発な往来と南方からの食料の輸送を担った。後に黄河の氾濫により運輸に支障が出始め、又時代と共に陸運より海運が主流となると国都も中国東側に移り、渭水の役割は大幅に減少した。現在では、慢性的な水不足と生活廃水、工業排水による水質悪化が著しく、中国の水質基準では最悪の「劣質5」に認定されている。

空中写真






P3黄土高原特有の景色(旅の車窓から):






Ⅲ料金(中国元)



2000元(お一人様より催行いたします!)、2100元(2名様、1名当り1050元)、2300元(3名様、1名当り767元)、
2400元(4名様、1名当り600元)、2500元(5名様、1名当り500元)、2600元(6名様、1名当り433元)、………


  • 上記料金にはご専用車、ガソリン、道路通行料、駐車場利用料金、運転手当、専属日本語ガイド料、手配手数料も含まれておりますが、そのほか、入場料と昼食代は別途、お客様ご負担となります。
  • 入場券につきましては、 弊社の日本語ガイドは全員国家資格ガイド証を持っておるため、ガイドの観光入場料がかかりません。お入場料はお客様各自払いとなります(お一人様当たり、20元/名)。
  • 昼食につきましては、当日のご見学と合わせて、地元の西安人が通っているお店(地元で評判がいい店)でガイド・ドライバーと一緒に安くてお美味しい本場料理をお楽しみ下さい、食事代はお客様ご負担でお願いします。
  • 中国の春節(旧暦正月)、労働節(4月30日〜5月3日)、国慶節(10月1日〜7日)などの休日にかかる場合、料金を変更することもあります、予めご了承下さい。



Ⅳお支払い



当日のご見学終了後、現金で弊社ガイドへお支払い頂きます(ガイドより弊社発行領収書をお渡いたします)。


  • クレジットカードは使用できませんのであらかじめご了承ください。
  • 外貨から中国元への両替も受付けています(銀行の当日為替レートで換算します、手数料が不要)!
  • お釣りが生じた場合は、中国元でのご返金となりますのでご了承お願い致します。



Ⅴお申込み


  • お申込みは前日までにメールもしくはTELにてご連絡下さい。
  • 土日、祝日、連休の日にご参加頂く場合はもっとお早めにご連絡下さい。
  • ご連絡頂いた後、1営業日以内に、こちらのメールで弊社手配書をお送り致します。
  • その際に手配内容に間違えがないかご確認の上、お収め下さい。
  • その他疑問点もお気軽にご質問ください。



Ⅵキャンセル



お申し込み後、お都合でご参加できなくなった場合には前日までにご連絡をお願いいたします。

  • キャンセル料は頂きません。



Ⅶ催行旅行会社



中国金橋国際旅行社西安支社(西安金橋国際旅行会社)
(国家旅遊局授権国際旅行業務資格登録番号:L-SNX-GJ00019)
安心と信頼の金橋 中国金橋国際旅行社は1984年設立された中国第一類旅行社です。
中国全国に支社が約30社もあり、英語、日本語、フランス語などの多くの優秀なガイド、通訳者がいます。
「お客さんを第一」、「サービスを第一」が弊社のモットーです。
特に「西安金橋国際旅行会社」は西安を中心に中国西部内陸地区の格安観光サービスを提供しております。
豊富な経験と実績を誇る西安金橋国際旅行社は旅行を安全かつ円滑に実施するために力を入れております、
中国内陸、シルクロードなどの旅は安全と信頼の西安金橋国際旅行社にお任せ下さい。

世界中を深く案内してくれることでも有名な「地球の歩き方」にも弊社広告を掲載させていただきました。
2013-2014年版「地球の歩き方 西安 敦煌 ウルムチ シルクロード中国西北部」の旅行会社のご案内欄にも掲載をさせて頂きました。



住所:〒710002 中国西安市西大街安定廣場3-B-608、3-A-503
日本語担当、ゲイ小軍

携帯(日本語可):0086-13772192936(24時間対応、日本からの場合010-86-13772192936とダイヤル下さい。)
TEL(日本語可):0086-29-85657531(8:00〜18:00、日本からの場合010-862985657531とダイヤル下さい。)
FAX(日本語可):0086-29-85657531(日本からの場合010-862985657531とダイヤル下さい。)

上記が連絡番号になりますので、緊急のご用件についてはお電話でご連絡ください。



E-mail:xiaojunn@gmail.com、mailto:goods568@yahoo.co.jp
お客様の声2:http://www.goods568.com/voice/guestvoice.htm
お客様の声1:http://blogs.yahoo.co.jp/niwang2009/folder/1198373.html
ブログ1(観光情報):http://d.hatena.ne.jp/xiaojun/
ブログ2(観光コース):http://d.hatena.ne.jp/xian_golden_bridge/
ホームページ:http://www.geocities.jp/niwang2009/